2011年09月26日

常に一生懸命に働く

まず指摘しておきたいのは、この世の中に重要でない仕事はひとつもない、ということだ。

会社のためにも、社会のためにも初歩的な仕事が不可欠だ。

たとえばレストランでは、トイレの掃除をする人は重要な役割を担っていると言える。

もし、トイレが汚れていたら、そのレストランの客は激減するだろう。

考えようによっては、トイレが清潔であるほうが、料理がおいしいことよりも「大切」かもしれない。


どんな仕事にもチャンスはある。

もしあなたが常に自分の仕事にベストを尽くしていれば、会社の人たちは必ず気づく。

上司はあなたを高く評価し、より高いポストを与えてくれるはずだ。


とは言え、いつ昇進できるかについては、組織によっても、あなたの能力によっても違いがあるだろう。

でも、ひとつだけはっきり言えるのは、短期間に昇進することは、まずあり得ない、ということだ。


自分の評判を確立して高い地位につくためには何年も、何十年も、という月日がかかる。

自分の仕事を毎日、一生懸命にして、自分の価値を証明して、初めて、昇進できるのだ。

周囲の人は必ずあなたの業績に気づく。

それまでは辛抱強く努力を積み重ねて、常にベストを尽くし、自分が組織の貴重な一員であることを証明しよう。

それにベストを尽くしているほうが、気持ちがいい。



★やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽★
     ↓
やる気が出る方法、やる気が出る言葉、やる気が出る音楽

posted by ホーライ at 19:43| Comment(0) | やる気が出るヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。